2011年10月14日

金色に戻った

みなさま、こんにちは。
なんか久しぶりに書いてます。

さて、先日免許の更新に行ってきました。ぴかぴか(新しい)

で、

ついに

久しぶりのゴールド免許をゲットいたしました。手(チョキ)グッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)
(長かった)

んが、現物はまだ手にしておりません。
警察での更新だと、かなり待たされる模様。あせあせ(飛び散る汗)

でも、現在の色が金色なのは事実!
ああ嬉しい。
久しぶりだよね〜、金。かわいいぴかぴか(新しい)




それはそうと、今回からICチップ内蔵の免許に代わるわけで、もうすでに更新なさった方はご存じかと思いますが、免許内の本籍地データを呼び出すために4けたの暗証番号を2つ、設定させられるのです。

ところが、この暗証番号、なんのためにあるのか、話を聞いてみると、すごく変。


免許の表面に記載されているデータ及び本籍地データにアクセスするための暗証番号だそうですが、忘れたらどうなるの?という説明を聞いて脱力・・・。犬犬

だって、本人が免許証持って警察に出向けば、教えてもらえるのだそうです。

そもそも、免許証のICチップのデータを読み取る機械は、警察と運転免許試験場にしかないのです。
だから、本籍地データを読み取る必要がある場所って、警察位しか無いわけで・・・。
なのに、暗証番号を忘れたら、警察で教えてくれる。
本人確認のためっていうけど、だって、免許には本人の写真が貼ってあるじゃん。
証明できるでしょ、本人・・・。
覚える必要のない、暗証番号。
しかも、2つも。バッド(下向き矢印)

ついでに言うなら、この暗証番号は、漏洩しても次の更新まで変更できません。
ゴールド免許の方なら、5年は変更できないわけです。
そのあいだ、曝しっぱなし???
IC免許が個人情報を保護していると言えるんでしょうか???

本籍地が空欄って言うのも、すごいまぬけです。
書かないなら、欄自体を削除すればいいのに。
法律を変えるとき、そこまで考えてなかったので、欄を削除できないんだそうです。
だって、法律で欄を作ることになったままだから。
アホな話・・・。


お役所のやることって・・・。
posted by 黒リス at 18:12| Comment(12) | TrackBack(0) | ?????